歯が痛くなれば、まず、歯医者さんにいきますよね。でも歯医者さんにいってみて、「虫歯はないよ」といわれたらどうします?こういうケースで鍼灸院に来られる方、結構いらっしゃいます。「なんで?」て思われるかもしれませんが、この場合,歯が痛いのではなく歯茎が痛いと解釈した方がわかりやすいです。顔には当然痛みを感じる神経が走っているのですが、この神経を三叉神経(運動神経は顔面神経で知覚神経は三叉神経)といいます。この三叉神経の枝が歯茎にもつながっていて、ときに痛みをだすことがあります。ですから、この歯痛は

三叉神経痛三叉神経痛

とよばれるものにあたります。三叉神経の幹となる部位は耳たぶの裏にあり、耳鳴り・突発性難聴の投稿にも登場した「翳風」というツボを主に使います。付随症状では首こりや首すじに汗をかかないなどの症状があったりしますので、それも目安になります。歯医者に行って「虫歯ではない」といわれましたら、「もしかして・・・」と、鍼灸院にご相談下さい。

鍼灸マッサージのご予約はこちら