一口に耳鳴り・難聴といっても急性のものと老年性のものとは分ける必要があります。老年性のものは今回ははずして、ここでは、

急性の耳鳴り・突発性難聴耳鳴り・突発性難聴

について。考え方としては、耳鳴りのさらに悪化したものがが突発性難聴と思ってもらっていいです。原因としては「内耳神経」への血行不良の問題であると考えられます(脳の病気は除外して)。その証拠として、内耳神経の役割の一つとして平衡感覚がありますが、これが失調して

めまいの症状を併発

することが多いです。加えて、慢性的に耳に近い部位である

首のこり

をもっている場合も多いです。治療としては耳まわりの「翳風」「聴会」というツボが中心になります。内耳神経の治療は病院の耳鼻科的には守備範囲からはずれるため(聴力検査くらいしかない)

針治療

にまわってくることが多いようです。「耳」の治療はてごわいので慎重にあたる必要はありますが、充分に効果は期待できると思います。

鍼灸マッサージのご予約はこちら