医師も通う広島の鍼灸院
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 東洋医学・思想・哲学

東洋医学・思想・哲学

鍼灸とコペルニクス

常識は時代により変わります。「地球が中心で天が回っている」と信じられていた時代に、「地球が太陽の周りを回っている」といっても当然理解されません。同様に、歴史や伝統を忘れてきている日本人に(私もその一人)、 「経絡は存在す …

コペルニクス

鍼灸マッサージと科学

以前の投稿「経絡と細胞分化」では経絡理論の科学的根拠の一助になる発想の話をしましたが、それにしても、現在の日本はあまりに「科学」に拘泥する傾向にあります。その理由としてひとつの歴史観が影響していると思われます。アメリカ的 …

レントゲン・MRI

「医療」ではなく「医道」

東洋医学・鍼灸マッサージの専門誌 に「医道の日本」というのがあります。なぜ「医療」ではなく「医道」なのか?それは、鍼灸マッサージにはプラスして精神性が含まれているからです。施術の前後、患者・術者ともに「よろしくお願いしま …

東洋医学・鍼灸マッサージの専門誌「医道の日本」

鍼に薬は塗ってません

先日、93歳のおばあちゃんを針治療中のこと。 おばあちゃん 「これで、じわっと浸透していくんかね。」 私 「・・・・?浸透?何が?」 おばあちゃん 「だから、薬が浸透していくんかね。」 私 「おばあちゃん、鍼に薬はついて …

水針

見て打つ鍼・触って打つ鍼

前回の見て打つ鍼・触って打つ鍼の話の続き。最近、鍼灸の国際化に伴い 「日本鍼灸とは何ぞや」 という鍼灸業界内の自問をよく耳にします。ここでいうのは中国とどう違うのか?ということになりますが、私が北京中医医院に行って感じた …

押手のある日本鍼灸

未病治

体調がすぐれないので病院に行ってみるが確たる治療法なく悩まれている方は非常に多いと思います。こういった場合多いのは「不定愁訴」といって診療科目がバラバラなので、とりあえず 更年期障害とか自律神経失調症 だとか診断名はつい …

黄帝内経 霊枢

稲葉の白兎

日本神話からみる医療の起源 「古事記」の”稲葉の白兎”のお話。—大国主神(オオクニヌシノミコト)ら一行が岬で、皮をむかれ泣いていた兎に出会った。八十神はおもしろがり「海の水を浴びて、風に当たれば治るよ。」とか …

日本医療の起源

経絡と細胞分化

鍼灸マッサージ において経絡という体のつながりを利用した遠隔治療を普通に行いますが、その科学的根拠を求める時、受精卵の内胚葉・外胚葉・中胚葉の細胞分化と由来臓器についてを思いだします。正確な内容はいいとして、つまり、人間 …

細胞分化

鍼灸マッサージの使い分け

「黄帝内経・素問」異法方宜論の続き。前回のマッサージ適応症では中央部に住む人は、気候も温暖で物豊かで肉体労働が少ないのでマッサージが良いという内容は現代人にあてはまるという話でした。今回は、その他の地域について。北は寒く …

鍼灸古典・黄帝内経・素問

マッサージ適応症

鍼灸適応症 という言葉は当サイトでもご紹介の通り業界ではよく使われますがマッサージ適応症というのを聞かないので、私なりに鍼灸古典の大著から探ってみます。「黄帝内経・素問」の異法方宜論において、住む地域や生活環境により適し …

鍼灸古典「黄帝内経・素問」
1 2 »
PAGETOP
Copyright © 今岡治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.