骨折と鍼灸骨折で困るのは、ギプスで固定し骨と骨はくっついたが、あわせて骨と筋・腱も固着してしまい、関節が動かなくなってしまうことです。病院としては、骨がくっついているのでそのまま終了になることも少なくないよう。リハビリがある場合でも固着したものを無理にマッサージしたり動かしたりする形になるので、これを経験した患者さんはたいがい「涙が出るくらい痛かった。」と言います。実はこんなケースは骨の周辺の深部まで刺激が入る

針治療

が特に効果があります。鍼で患部に充分血流がいった後には比較的楽に

マッサージも運動法も

行えます。患者さんの中には、病院と並行して鍼灸院に来られるケースもあり、合わせてリハビリすれば痛くなく早く回復してくれます。

鍼灸マッサージのご予約はこちら