頚肩腕症候群今回は意外と訴えの多い手のしびれ。今回も脳は検査済みということでお話していきます。経過としては、ほとんどが手がしびれる前に「肩・首がこる、痛い」などの前駆症状があり、悪化して手までしびれ出したというのが多いです。診断名としては

頚肩腕症候群

(けいけんわんしょうこうぐん)とか

頸椎症

(けいついしょう)とかつきます。手の神経は首から肩・腕と続き手先までつながっています。その経路のどこかでいわゆる「こり」が神経を圧迫しておこると考えて良いと思います。実際

マッサージ

してみると、神経の経路にあたる肩甲骨まわりが肋骨にへばりついたような状態になっています。左右差を確認しながら、肩甲骨の位置が正しい所におさまるように鍼マッサージしていきます。ひどく固まってしまっているので、何回かは続けて治療したほうがいいと思います。

鍼灸マッサージのご予約はこちら