患者さんから「骨盤が歪んでいるんですかね?」って質問されるときがあります。巷では

「骨盤矯正」という言葉は一般的なもののようで、正直返答に困ります。「背中が曲がっていますかね?」という質問なら答えられるのですが・・・。解剖学的に考えると、仙腸関節のずれをなおすという意味なのか、それとも仙骨と第5腰椎のずれをなおすという意味なのか、はたまた股関節のことをいっているようでもあるし・・・。鍼灸師・沢田健理屈はさておき、

「骨盤矯正」

という言葉自体はpelvic-adjustmentというもともと西洋医学の用語のようで、これがかみ合わない原因。まあ、姿勢が悪いという意味で考えればよいのでしょうが・・・。‎このことで思い出すのが、

昭和初期の

名鍼灸師・沢田健先生

の言葉「骨をなほす位のことはわけないです。接骨はわしの本職だから。けれども中を治しておかないで骨をなほすと、内臓がつれたり悪くなつたりして体を痛めて了うので、体の方をなほしてから骨を直しにかかるのです。」というせりふ。

接骨的には、関節をなおすことはできるが

鍼灸的には、筋・腱がなおしてからの方が無理がない、という意味のこと。わたし自身も治療としては筋・腱がなおるとバキバキと自然に関節が整っていくので、骨のことは意識しません。

(写真はありし日の沢田健先生)

鍼灸マッサージのご予約はこちら