鍼灸

において一番多い治療は痛みの治療です。病院では、痛みの治療といえばステロイドをよく使用します。ステロイドと鍼の共通する治療効果は、消炎・鎮痛です。では、違う点はというと

副作用

があるかないかであります。ステロイドの副作用については漠然と「怖い」というイメージがあると思いますが、では、実際どういった副作用があるのか、また、副作用があるにもかかわらず、病院で使用されるのか?など少し突っ込んだ話をしたいと思います。ステロイドは医師の間でも「魔の薬」と呼ばれているようです。それは、消炎・鎮痛に非常に効果が高く一時的には治ったかのようにまで回復するが、それが病気の根本治療で無い場合、またもとに戻ってしまい(これは、アトピーを考えれば想像つくと思います)継続するとひどい副作用が出てくる点にあります。具体的には1.感染しやすくなる2.骨粗鬆症・骨壊死3.糖尿病4.消化性潰瘍5.精神病6.ムーンフェイス・肥満7.血栓・動脈硬化・高血圧8.緑内障・白内障9.副腎不全などです。この中で特に、私が心配するのは骨粗鬆による骨折(背骨の圧迫骨折)です。このように負の部分もあるわけですが、短期でしたら副作用がでるにいたりませんし、非常に効果が高いので必要な場面はやはり多いと思います。(薬の効能は時にありがたい)。しかし、慢性的・体質的・根本改善が必要な病気には副作用のない鍼が安心・安全でよいと思います。(鍼の効能もありがたい)

 ステロイド

鍼灸マッサージのご予約はこちら