転倒大腿骨骨折は高齢の女性には非常に多いこわい怪我です。骨粗鬆症が原因なのはもちろんですが、ではカルシウムの注射をしたり、カルシウムの多い食べ物を食べればそれで済むのか?というと、答えはNOです。骨は筋肉と同じように付加をあたえないと太くなりません。これは筋肉をつけようとプロテインをたくさん摂っても、ウェイトトレイニングをしないと筋肉がつかないのと同じ理屈です。運動の不足から骨密度が低下すると考えてよいと思います。ではなぜ転倒してしまうのか?これもまた運動不足ということになりますが、しかし、転倒に関しては

鍼灸マッサージ

により防ぐことができます。高齢になりますと極端に新陳代謝のスピードが低下します。そのため、だんだん下半身の筋・腱が硬くなっていき、股関節・膝関節・足首の関節の動きが悪くなります。ですから、ご自身が頭で想像しているよりも、足が上がっていなかったり、着地点の傾斜などの不具合に対応できなかったりします。こんな場合、鍼灸マッサージは新陳代謝を改善し関節の動きをよくすることができます。転倒を防止できれば大腿骨骨折は防ぐことができます。ご家族に、足腰に不安がある高齢のおばあちゃんがいらっしゃいましたら、鍼灸マッサージをすすめてあげて下さい。

鍼灸マッサージのご予約はこちら