鍼灸マッサージ

において経絡という体のつながりを利用した遠隔治療を普通に行いますが、その科学的根拠を求める時、受精卵の内胚葉・外胚葉・中胚葉の細胞分化と由来臓器についてを思いだします。正確な内容はいいとして、つまり、人間の形になるまでの過程で機能が分かれていっただけで、元々は3つの同じ組織だったというところ。今やips幹細胞を使って角膜移植をしたって話も出てきて、3つに分けること自体がナンセンスな気もします。生命の発生から考えると、「○○が悪ければ○○だけ」といった物事を分けて考えてしまうことは視野が狭くなり治療の応用を利かなくしてしまうと思います。

細胞分化

鍼灸マッサージのご予約はこちら