以前、加齢性の膝関節痛の投稿をしましたが、今回はスポーツ障害の膝痛の話。靭帯損傷は外科になるのでやめて、人気のサッカーに多い、

オスグッド・シュラッター病

の話。成長期にみられるので「成長痛」で片づけられることも多いですが、実は治療で悪化防止できます。痛む箇所ですが膝関節そのものではなく、膝の少し下(脛骨粗面)です(写真参考)。子供の頃すごく練習してきた方はこの部分オスグッドが大人になっても飛び出たままになっていたりします。脛骨粗面は太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)が付着するところで、反復的にジャンプやキック動作を続けていると引っ張られる形になり付着部に炎症がおこってしまいます。これがオスグットです。このとき、太ももはカチカチになってしまっていて、このカチカチを取り除けばきれいに治ってくれます。実は

オスグッド以外の膝関節痛

も同じ治療で対処できます。

鍼灸マッサージのご予約はこちら