「ヘルニアなんですが治りますか?」とか「骨だから治らないですよね」とか

腰痛が慢性化椎間板ヘルニア

してあきらめていたり、治らないと決めてしまっている患者さんが非常に多いです。とても、気の毒なことです。しかし、よく考えてみると骨だから治らないといっていたら、骨折したらもう治らないということになります。皮膚の擦り傷、切り傷が治るのと同じように、傷ついた筋肉も腱も骨も新陳代謝という再生する能力をもっているので修復が可能です。

椎間板ヘルニア

も同様で、ただ、再生力が患部に届かなくなっているという状態なので、患部の回復を手助けしてあげる必要があります。この手助けに、

鍼や灸や指圧

の刺激を利用して回復を助けてあげます。すべての病気にいえることですが、特にレントゲンやMRIの発達で[骨=治らない]という誤解が広がっているので、今回は違った角度でお話してみました。

鍼灸マッサージのご予約はこちら