足首の捻挫といえば、すぐに

テーピング固定

というイメージがありますが、しかし、本当は

針治療をすればしっかり治ってくれる怪我

です。もちろんバスケットボールやバレーボールなどスポーツにおいてはテーピング固定により捻挫の予防としては有効ですが、捻挫をしてしまってのテーピングは、足首の状態と改善しているというわけではなく動きを制限し再度捻るのを防止しているだけなので、本当はあわせて回復を促す治療が必要になります。。治療せずテーピング固定だけに頼るとまわりの筋肉・腱が硬くなり関節の動きを悪くなり、さらに捻挫関節を痛める原因にもなります。関節の怪我は予防と治癒の両面からみる必要があります。

鍼灸マッサージのご予約はこちら