今回は

肩関節痛

について。肩関節が痛いというと一般的にすぐ、「四十肩、五十肩」なんて、三十歳の人でも八十歳の人に対しても使ったりしますが、狭義の医学的用語では

「五十肩」

というのが正式でして、五十歳前後の更年期におこる病気です。症状としては、痛みで、腕を上げたり後ろに回せなくなり、さらに悪化すると夜も眠られないほどの激痛になって、日常生活にも支障がでてくるやっかいな病気です。しかし実際は、病院でも半年から2年で治ると言われ放置している人が多いです。たしかに自然と治ることが多いですが、いったん炎症が広がると手がつけられなくなるので、やはり念のため早めに

鍼灸院

に相談された方がいいです。あと、スポーツ、打撲、肩こりなど年齢に関係なく起こる肩関節痛もありますが、もちろん、適応症なのでお早めに。

五十肩

鍼灸マッサージのご予約はこちら