4年生の次女が

腰が痛いということで鍼治療

しました。幼児には

小児鍼

という治療法がありますが、小学生は高学年になってくると、大人と同様の治療ができるようになります。わが子なので鍼を打たせてくれますが、実際に来院で患者として小学生がくるとなると、

「はり」

と聞いただけで逃げてしまうので難しいものがあります。しかし、多くはスポーツ障害や肩こり・冷えとかなので

マッサージだけでも対応

できると思います。症状にもよりますが、お困りの方はご相談ください。

子供の鍼灸マッサージ子供の鍼灸マッサージ

鍼灸マッサージのご予約はこちら